pallone(気球)

エジプトのバルーンツアーで大変な事故が起こってしまったようです。

心からお悔やみを申し上げます・・・

私がカリフォルニアで乗ったのは半年少し前。

熱気球は想像していたよりもはるかに穏やかで安全な乗り物だという印象でした。

原因はまだわかりませんが、あの素晴らしい体験が出来るバルーンツアーの人気がなくなるのは必至でとても残念なことです。

世界各地のツアースタッフの皆さんが、これまで以上に訓練・点検・整備を徹底してくださいますよう願っています。

さてさて、そんなある日のおうちごはん&ワイン♪

b0044401_11154673.jpg


100g98円の特売の真鱈を使いまして、スパイシーなフライを作りました。たまごが余ったのでたまねぎも追加(*^_^*)

山盛りのキャベツの千切りを添えていただきます!!

ワインは前日の残りのヴィティアーノをコップ酒で037.gif

by sorelle | 2013-02-28 12:47 | mangiare | Trackback | Comments(0)

spruzzo d'acqua(水はね)

自宅の駐車場の1部に薄氷が張っているところがあります。

毎朝そこを踏んで「パリパリ」と割るのがとても気に入ってます。(子供かっ)

今朝いつものように踏むと「パリン」という音とともに「ビシャッ」と水をはねてしまいました(>_<)

(タイトルには『水はね』と書きましたが、岩手の方言ではこれを『きゃっぱり』と言います。ご存知ですか?)

氷の下では雪が融けていたようです。

今日は暖かくなるのですね・・・

三寒四温を繰り返す時期になってきました。

桃の節句も過ぎれば春ももうすぐです。


そんなある日のおうちごはん&ワイン♪

愛用のルクルーゼでボロネーゼソースをじっくり煮込みましたので「タリアテッレボロネーゼ」です016.gif

b0044401_1124751.jpg


子供の頃から母の作ったミートソースが大好きでした。

それにイタリアのエッセンスを加え、大人仕様にしたのが今の私のレシピ。

ポイントはソフリット(たまねぎ、にんじん、セロリのみじん切りをにんにくとオリーブオイルでじっくり炒めたもの)にポルチーニを入れ、ポルチーニの戻し汁と赤ワインを1本使い、仕上げには熟成したトリュフ入りバルサミコを少々。

食べる直前にはパルミジャーノレッジャーノの30ヶ月熟成ものを削って。

これがワインに合わないワケがありませんね037.gif

2009 ヴィティアーノ  ファレスコ とともに。

b0044401_11404425.jpg

by sorelle | 2013-02-27 12:40 | Il vino | Trackback | Comments(0)

la luna (月)

昨年カリフォルニアに行く前に飛行機の中で読もうと思って買っておいた文庫本。

でも結局持っていかなかったのでそのまま袋に入れたまま忘れていました。

お正月休みに夫の実家に行く時に思い出して読み始めたその本「1Q84」

遅ればせながらやっと読み終わりました。

「ハルキスト」なる呼称もあるほど世界的に人気のある作家の大ベストセラーですが、実はこの方の作品私はあまり得手なほうではありません。(一応一通りは読んでますが)

でも食わず嫌いはいけませんし、興味はありましたので読み始めた次第。

ファンタジーのようでいてサスペンス的な要素がありスピード感もあり、途中眉を顰めたくなる描写は多いものの「早く続きが読みたい」と思わせられました。

結局最後は何か置き去りにされた感がありましたが、それは私の読み込みが足りないせいなのでしょう・・・(^_^;)

また思いついたら読んでみるのも良いかもしれませんが、何しろ長いので可能性は低いでしょう037.gif

昨日は満月の前夜でしたが、とてもとても月がキレイでした。

会社からの帰り道、月に導かれるように歩きながら「もしかしたらもう1つ月があるかもしれない」などと思ってしまったところを考えると、私、結構夢中で読んでいたのですね006.gif

そんなある日のおうちごはん&ワイン♪

夫の”たっての希望”でシャンパーニュ053.gif

今2番目に好きなシャンパーニュだそうです016.gif

b0044401_12461078.jpg


NV シャンパーニュ ブラン ド ブラン  ピエール・カロ

b0044401_12482062.jpg


お料理は「チキンソテー」と「海老とアスパラのトマトソースパスタ」

えっ?トマトソース?

今回使ったトマトソースはコチラなんです004.gif

b0044401_12504286.jpg


黄色いトマトです005.gif

パスタと合わせましたので色がわかりにくいですね。

肉魚料理のソースや煮込みに使うほうが色味が活かせていいかもしれません034.gif

by sorelle | 2013-02-26 12:58 | Il vino | Trackback | Comments(0)

pensare(偲ぶ)

土曜日は母方の祖母の13回忌で県北へ行ってまいりました。

祖母が亡くなった日もとても寒く吹雪の日でした・・・

時の経つのは本当に早いものです。

お寺での法要のあとは市内の中華料理店へ移動し、祖母を偲びながら食事をしました。

こんな時でなければなかなか会うことのない親戚と近況をお互いに話したり、もちろん祖母の思い出話も尽きることがありません。

きっと祖母も傍らでニコニコ笑いながら聞いていたことでしょう。

お料理の中で気に入ったメニューは香草をのせた赤魚の蒸しもの。

b0044401_1249515.jpg


癖のない赤魚に葱とパクチーのアクセントがきいていてとても美味しかったです♪


夜、盛岡についてからは往復運転手をしてくれた義弟を誘い中の橋のビアバーへ。

季節のビールなどなどいただきました068.gif


b0044401_12561822.jpg


b0044401_12565054.jpg


バーは相変わらずの盛況ぶり024.gifで我々も盛り上がりたいところでしたが、喪服のうえに義弟が明朝3時起き(!)とのことで軽く飲んでお開きとなりました。

また今度あらためてお邪魔しましょうね006.gif

by sorelle | 2013-02-25 12:44 | mangiare | Trackback | Comments(0)

Forza!(ガンバレ)

夫が超繁忙期です。

ただでさえ食が細いのに更に「食欲がない」と言います008.gif

でも食べないと疲労も回復しませんので何とか食べてもらえるようなメニューを日々考えています。

夫の好きなもの、食欲の湧くもの、優しいもの、栄養のあるもの・・・

昨日のメニューはそんな条件が揃った「フォー」!!

歓喜の声ではありません。

米粉から作られた平麺をスープでいただくベトナム料理です。

鶏の手羽元と香味野菜でスープをとり、塩・胡椒とニョクマムで調味、仕上げにレモンの絞り汁を1個分。

盛り付けてもやしと万能ねぎとパクチーをたっぷり乗せて出来上がりです。

ザンネンながら写真撮り損ねましたが、何たる美味しさ004.gif

えぇ、自画自賛ですが・・・

夫も珍しく褒めてくれまして大満足の様子006.gif

これ、我が家の定番になりそうです011.gif

いのちのスープに感化されたスープ作りは手を変え品を変えで日常のものとなっております。

それは野菜を煮込んだものでもいいし、お味噌汁でもいい。お鍋だっていいんです。

汁ものがある食卓は温かく、温かい食卓の先には健康があります。

このフォーのスープも残さず飲んでくれた夫。

滋味溢れるスープで元気になったかな?

あとほぼ3週間、風邪をひくこともなく乗り切っていただきたいと毎年ながら妻の切なる願いでした016.gif

そしてある日のワイン♪

2本目のクラックを開けました。。

b0044401_11361627.jpg


2008 ルーション・ペイ・カタール グルナッシュ・グリ マルジョリー・ガレ(クラック)

今回は食後にいただきましたが、食中とはまた違った印象になりますね。

トロピカルフルーツ満載で辛口のデザートのようです。

あわせるお料理や飲むタイミングによってもいろいろな表情を見せるワインって、やっぱり面白いです053.gif

by sorelle | 2013-02-22 12:39 | Il vino | Trackback | Comments(0)

preoccupazione (心配)

施設でお世話になっている父が少し痩せてきたのが気になる今日この頃・・・

胃ろうによる栄養摂取にも限界があることを実感しています。

でも、まだ生きてる。話しかけると反応するんです。

昨日は父が大好きな山の花、カタクリとハヤチネウスユキソウの写真を見せてきました。

終末医療に関するいろいろな論議がされていますが、それぞれのケースがあるということを是非わかっていただきたいと思います。


さて、ある日のおうちごはん。

所用があり夕食を作ることができませんでしたので近所のお寿司屋さんに出前をお願いしました。

安くて美味しいお気に入りのお寿司屋さんです。

にぎりとおつまみにいわしと鰤のお刺身(いわしは夫がすでに手を付けていました(^_^;)

b0044401_12482594.jpg


お酒はもちろん日本酒でしょ037.gif

松の司と共に・・・

by sorelle | 2013-02-21 12:52 | a casa | Trackback | Comments(0)

fragranza (香り)

癒しや高揚の効果もある「香り」は生活にはとても重要な要素です。

でも、ワインと香水の相性はよくありません。

香水はワインの香りを消してしまいます007.gif

オシャレの仕上げに香りをまといたくなるのはわかりますが、どうぞワインの席にはご遠慮・・・じゃなくて「つけないで」ネ034.gif

女性だけじゃなくて、男性も。

先日のイベントでもとても気になりましたので書いてみました006.gif

ワインの繊細な香りを楽しんでみませんか?


さて、ある日のおうちごはん&ワイン♪

6本入って4000円以下と激安なワインはちょい飲みやお料理に大活躍037.gif

イタリアワインってそんな激安でもそこそこ美味しいのがうれしいですね♪

b0044401_13232289.jpg


2006 バルベーラ デル モンフェラート

ペンネアラビアータとともに・・・

b0044401_1332527.jpg


帽子を逆さにしたようなこのお皿、あまり盛れないので食べすぎ帽子いや、防止にとても役立ってます037.gif

OYAJIギャグ失礼しました041.gif

by sorelle | 2013-02-19 12:26 | Il vino | Trackback | Comments(0)

festa!

盛岡はワインを愛する人がとても多い街です。

昨日は「ワインを通して人生を豊かに楽しく」というコンセプトのもとにワインのお祭りが開催されました024.gif

市内はもとより東北各地や東京からも飲食店が集い、我々飲み手が思い思いにワインを楽しみます。

有名店のシェフによる美味しそうなお料理とずらりと並んだワインボトルに心が躍りまくり053.gif

飲食店やインポーター、そしてゲストのすごい熱気に圧倒されるようなイベントでした016.gif

b0044401_12464527.jpg


中でも特に印象に残ったワインは「ドメーヌ タカヒコ」

b0044401_12481732.jpg


素晴らしいワインを造られています。

残念ながら造り手の方は来場されませんでしたが、これからも追いかけて飲んでいきたいと思うワインでした。

b0044401_12542329.jpg


ワインを通して人が繋がったり、地域が活性化されたり・・・笑顔がたくさん増えますように006.gif

by sorelle | 2013-02-18 13:01 | Il vino | Trackback | Comments(0)

cena (ディナー)

そろそろ水分を多く含んだ雪が降るようになってきました。

1歩1歩春が近づいているのですね。

冬が好きな私は少しザンネンな気持ちもありますが、桜の咲く春も大好き。

めぐる四季をいろいろな場面で楽しみたいと思います016.gif

さて、昨日のVD、いかがお過ごしになりましたか?

我が家ではこの時期は夫が多忙を極めますので、時間も遅いことからできるだけ優しいお食事を用意しました006.gif

何より夫が大好きなシャンパーニュはもちろん冷えてます053.gif

我が家のVD定番「ジャニソン バラドン ヴァンドヴィル」

b0044401_11363792.jpg


可愛らしいエチケットですが、見た目だけではなく熟成感もある素晴らしいシャンパーニュです034.gif

お料理は・・・

「シャドークイーンのポタージュピュレ」「サラダ」「ロール白菜 ポルチーニスープ」

パスタも準備していましたが、却下されました・・・007.gif

b0044401_11452354.jpg


再び登場しました”シャドークイーン”(競走馬の名前みたいですね)

あまりの色のきれいさにスープにしてみました。

ただし、あまり豆乳を入れると色が薄くなってしまうのでピュレ状に止めまして「食べるスープ」です。

ロール白菜の中身は、水切りしたお豆腐、海老、みじん切りしたたまねぎ・ニンジン・パプリカ・しめじをつなぎを入れてハンバーグのようにこねてまとめたものなので、超ヘルシー004.gif

ポルチーニのスープが滋味溢れるおいしさで疲れた身体にも沁みるようです。

旦那さま、喜んでいただけました?

by sorelle | 2013-02-15 12:42 | Il vino | Trackback | Comments(0)

Giorno di San Valentino (バレンタインデー)

今日はヴァレンタインデーですね053.gif

そもそもこれもキリスト教の祭日。

日本で女性から男性にチョコレートを贈るというのは日本の文化として定着していますが、海外ではまったく違います。

レストランに行くと「Happy Valentine's Day!」と男女問わず声をかけられます。
「愛する人と過ごすための日」といった様子です。

日本が成長してきたのは「商業主義」のおかげかもしれませんが、どうも最近の”何でもイベントにかこつけて物を売ろう”的な押しに辟易してしまいます・・・

とはいうものの、潤滑な人間関係のためや感謝の気持ちを表わすためにチョコレートは贈りますし、もちろん夫には「義理」ではない気持ちをモノに託します。

まったく都合がいいハナシですけどね(^_^;)

イベントを自分の生活のメリハリにと考えるといいのでしょうね・・・037.gif

さて、ある日のおうちごはん&ワイン♪

夫の実家でいただいてきたじゃがいもを使いましてフライドポテト!ですが、これがビックリ。

b0044401_1159674.jpg


紫なんです005.gifシャドークイーンという名前なのだそうです。
「きつね色」になりませんので、油から上げるタイミングが難しいですが、そこは”勘”で(^_^;)

ほっこりとしてとても美味しいじゃがいもでした。

パスタは蟹のクリームタリアテッレ
お肉は岩手県産牛A4ランクのカルビをトリュフ塩で

b0044401_1315036.jpg


やっぱりお供は・・・

b0044401_13154750.jpg


ずいぶんお肉ばかり食べているように思われますが、お肉の翌日はお鍋にすることが多い我が家です。

たいていは湯豆腐が多いのですが、今の時期はコレ!!

「早採りわかめのしゃぶしゃぶ」

b0044401_11565819.jpg


茶色いわかめがお湯にくぐすと鮮やかな緑色になり、磯の香りが鼻をくすぐり、シャキシャキとした食感もよく五感で楽しめる食材です。

しかもヘルシーで安くてカンタン004.gif

胃をいたわる日も必要ですね034.gif

by sorelle | 2013-02-14 12:29 | Il vino | Trackback | Comments(0)