カテゴリ:etc...( 155 )

映画

今夜はレイトショー173.png
b0044401_10141366.jpg

by sorelle | 2017-10-06 19:13 | etc... | Trackback | Comments(0)

落語

落語大好き。
b0044401_11154951.jpg

by sorelle | 2017-08-23 17:15 | etc... | Trackback | Comments(0)

お祭り

天満宮のお祭り。
子供たちのお習字や活け花の展示に手書きの灯籠。
昨日は地元のさんさ踊りで今日は老人会のカラオケ大会。
昭和な雰囲気漂うアットホームなお祭りです。

学問の神様にお詣りしてから、300円のビールを飲み100円の味噌こんにゃくを頬張り、駅前の花火を眺めて、名物のもつ煮込みをお持ち帰り(笑)

その間に夫は電球のボトルのジュースを買う…
帰ってからこれにハイボールを入れて飲みたいって(笑)

ウケル・・・

b0044401_11030304.jpg

by sorelle | 2017-07-26 23:02 | etc... | Trackback | Comments(0)

運動会

b0044401_17113683.jpg

楽しみにしていた姪の運動会。
残念ながら雨で体育館での開催となりました😆
ギリギリまで連絡がなかったので延期かと思い、お弁当も慌てる慌てる💦💦

今年も元気に頑張ったね

1番感動したのは「恋ダンス」(笑)
1曲まるまる長いけど、よく覚えたね🎵


鶏のから揚げ
ミニアメリカンドック
煮込みハンバーグ
オリーブマリネ
ブロッコリーとチーズのサラダ
ピクルス
フルーツミックス

(前回はお酒のおつまみ感全開でしたが、今回はお弁当っぽくなったかな?)

これにママのお料理とおばあちゃんのお料理でいつも食べきれない(笑)


by sorelle | 2017-05-28 20:11 | etc... | Trackback | Comments(0)

S-シェイプ

b0044401_16082022.jpg
今月のフラワーアレンジメント
お題は「S-シェイプ」

花材の色味があまり好みではありませんが、真っ赤なバラが全体を引き締めます。


by sorelle | 2017-03-11 12:07 | etc... | Trackback | Comments(0)

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント2種。
こちらは12月に作ったクリスマスアレンジメント。
いつもと違い、リースでもなく、生花でもなく・・・
格闘すること2時間。
こんなんなりました(笑)
でも、我が家にこれを置くスペースなどあるわけもないので、自宅ではシンプルに活けなおしました(^_^;)
b0044401_16213523.jpg
こちらは新年のアレンジメント。
基本中の基本の型。
新年は初心に戻って。。。
爽やかで清々しい色合いです。
b0044401_16232123.jpg

by sorelle | 2017-01-15 18:20 | etc... | Trackback | Comments(0)

映画

b0044401_15565491.jpg


1日に映画2本061.gif

しかし、どれだけ飲食が好きなんだ、この夫婦037.gif

by sorelle | 2016-11-20 23:56 | etc... | Trackback | Comments(0)

例大祭

ものごころついたころから聞き馴染んだ祭り囃子に心が躍る・・・

例大祭で一番好きな瞬間。

b0044401_15443026.jpg

by sorelle | 2016-09-14 23:40 | etc... | Trackback | Comments(0)

フラワーアレンジメント「クレッセント」

今月のフラワーアレンジメント

お題は「クレッセント」

花材にバラがあるとテンション上がります024.gif

華やかに仕上がったと思います006.gif

b0044401_16221218.jpg

by sorelle | 2016-06-21 12:21 | etc... | Trackback | Comments(0)

ジョルジョ・モランディ展

20世紀最高の画家と称されるイタリアのジョルジョ・モランディの絵画展を観ました。

絵画を観ることは好きですが、詳しくはありません。

ほぼ感性だけで鑑賞します。


モランディは生涯のほとんどを故郷のボローニャで過ごし、薄暗いアトリエで卓上の静物と避暑地の窓から見える風景を書き続けました。

作品の多くのタイトルが「静物」。しかも、それほど多くはない瓶や水差しなどの器を少しずつ換えては書くという繰り返し。

しかし、同じ作品はないのです。

家人に「器の埃は掃わないように」と言っていたため、その埃すら作品に微妙な変化をもたらします。

質素なモチーフに落ち着いた色合い、一見地味な作品に見えますが、これが見ていて本当に飽きないのです。

中に「ルチアーノ パヴァロッティ旧蔵品」と書かれた作品がありました。

偉大なるオペラ歌手パヴァロッティが持っていた作品で、公演のたびに滞在のホテルに飾っていたというものです。

あの劇的な歌声で観客を魅了させるために、心静かに落ち着ける時間にあの1枚が必要だったということなのですね。


会場が全く混んでいなかったので、1巡してさらに心に残った作品を見返しにもう1巡。

時間がゆっくり流れるような感覚を覚えた素敵な絵画展でした。

b0044401_13441767.jpg

by sorelle | 2016-05-30 22:43 | etc... | Trackback | Comments(0)