grande vino (偉大なワイン)

別に記念日でもありませんでしたがオットが厄年ということで、とっておきのワインを開けてしまいました。
1967 シャトー オーブリオン
b0044401_16553647.jpg

オットがセラーで大切に大切に眠らせていたワイン。
3月にワインの王様でいただいた1982ものが素晴らしく飲み頃を迎えていたので、オフヴィンテージである67はもしかしたら・・・という不安もあり、オットをけしかけてしまいました(^_^;)

偉大なワインにはそう呼ばれる所以があるのですね。。。。。
何とも華麗なエレガントな香りです。
ミントや杉、ダークチェリーやプラム。
熟成したボルドーはどこかピノノワールのようです。
綺麗な果実味にとてもとても幸せな気分になりました。

もしかしたらあと数年後でもよかったのかしら?と焦りながらも思いましたが、ワインの出会いとはこういうものですよね。
とてもいい状態で、美味しくいただけて満足でした053.gif

by sorelle | 2008-06-29 17:32 | Il vino | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : https://sorelle.exblog.jp/tb/8915718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by occon_occon_occon at 2008-07-11 20:37
たいへん、美味しくいただきました。
抜栓時のコルクの香りが印象的。まさに、ダークチェリーやプラム。健全でございました。

飲み頃は、ピークでしょう。だって、数年寝かせてダメだったら悲しすぎる〜〜〜!?
Commented by sorelle at 2008-07-15 23:29
こちらこそ、ありがとうございました。
オールドヴィンテージは飲み頃のタイミングが難しいですね。
オッコン様のワイン会がいいきっかけになりました。