Vino favoloso (とびっきりのワイン)

3月31日(venerdi)

年度末の仕事を終え、お鮨やさんで打ち上げ。
お造り、ふきのとうの天ぷらなどをつまみながら冷酒をくいくいと。
お鮨にはやっぱり日本酒がいい!!

解散していつものワインバーへ。。。
カヴァを1杯。
ロクサレル 2001
キレのあるきっちりとした印象のカヴァ
b0044401_13553052.jpg
b0044401_13553798.jpg

お約束の流れで白を。
フランスのマコンと国産の2本を差し出され、国産を選ぶ。
シャトー メルシャン 甲州小樽仕込み 2001
2001だというのにまるで古酒のような感じ。
はじめは樽の香り、徐々に熟成香・・・シェリー酒のような。
b0044401_13592317.jpg

いつもなら赤はグラスでいろんな種類をいただくのだが、最近1本の変化を確かめながら飲むのがとても楽しい。
カウンターでご一緒した常連の真面目な呑み助K氏と1本をシェアすることに。
セラーからソムリエM氏お勧めを何本か出してもらい、選んだものは・・・
ヴォーヌ  ロマネ 1998 リジェ ベレール 
超美人系ワイン。
短時間で変化が楽しめるものをお勧めするのもソムリエM氏の腕のスゴさである。
b0044401_1492473.jpg

醸造香からベリーの香りへの変化がとても綺麗。
タンニンは結構感じるのだが、決して暴れず品よくまとまる。
開けたてから最後閉じるまで、1本を十分に堪能した。

最後はソーテルヌ。
シャトー ラ フォレ 1996
心奪われるような琥珀色、極甘を引き締める酸が心地いい。
b0044401_14271722.jpg


「最後」と書いたのだが、この後お店を閉めたソムリエM氏と弊店間際に来店した友人S氏。
3人で1本をシェアすることに。
PIN  ラ・スピネッタ 2001  イタリア トスカーナ
b0044401_14302322.jpg

すばらしい果実味と凝縮感。
時間とともに見せるいろいろな表情。
1時間くらいでポケットに入ったかのように一度閉じてしまうも、その10分後にはまた眠りから覚めたように晴れやかな顔を見せる。
ポケットって、ジャンプをする前に一度しゃがむような(膝を曲げて小さくなる)状態なのね。きっと。。。

ここの作り手がもうすぐ来日し、この街でごく少人数での講習会を開催するという。
その会にM氏のご好意でまた参加させていただけるらしいのだ。
なんという光栄なこと!!
(しかし、私のイタリア語は大丈夫だろうか・・・)

1本のワインの世界に酔った今日のいつものワインバー。

今夜は完璧!

(今夜??お店を出たのは朝5時半・・・^_^;  近くの立ち呑みのオーナー通称「皇帝」のご帰宅のところにお会いしちゃいました。。。こういうときってなんだか気恥ずかしいような感じ・・・)

by sorelle | 2006-04-01 15:00 | Il vino | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://sorelle.exblog.jp/tb/4323941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]